基本は独立したシートでゆったりリクライニング

夜行バスのリクライニング事情

夜行バスに乗る時には、リクライニングをしっかりと活用して快適に眠りたいと考える人も多いでしょう。しかし、気軽に座席を倒せるかどうかは利用するバスによって様々です。4列シートのバスの場合は、フルリクライニングは難しいことが多くなっています。シートの前後の距離がゆったりとしている場合は比較的座席を倒しやすくなりますが、前のシートとの距離が近い場合は座席を倒すと後ろの人に迷惑をかけることになります。そのため、4列シートでリクライニングを利用したいと考えているのであれば、座席の前後の距離を確認した上でバスを選ぶと良いでしょう。もしくは、リクライニングがしやすいように設計された3列シートのバスを選ぶことがおすすめです。

おすすめは独立シート

3列シートのバスには、通路を挟んで2席と1席が配置されたタイプとそれぞれの座席が独立したタイプがあります。4列シートと比べると、足もしっかりとのばすことができるほど前後の距離がしっかりと取られていることが殆どです。そのため、3列シートであれば安心してリクライニングを利用することができます。3列シートの中でも独立シートの場合、フルリクライニングができるだけでなくそれぞれの座席にカーテンがついていることが殆どです。カーテンを閉めれば、プライバシーも守られた空間になるため快適な移動が可能となります。格安で利用できる4列シートに比べると割高になりますが、ゆっくりと眠って移動したいのであれば独立シートのバスがおすすめです。